頭痛

頭痛は多くの女性が悩まされています。

10代や20代の女性に多く、こめかみのあたりが痛み、

それが1時間〜4時間程度続いてしまうのが頭痛の特徴です。

頭痛を治療するための市販薬はありますが、薬を飲み過ぎると薬による頭痛が出るといった副作用を生じる場合があります。

頭痛の治し方

頭痛を治すためには、「頭痛が起きるメカニズムと原因」について理解することが大切です。

頭痛は、脳の毛細血管が拡張することで炎症をおこし、その炎症が周囲にある三叉神経という神経を刺激し、その刺激が痛みとなって脳に伝わることで発生しています。

脳の毛細血管が拡張する原因には、次のものがあります。

 

  • 質の低い睡眠:脳に蓄積された疲労が解消されず、ストレスが溜まります。
  • ・チラミンの過剰摂取:チョコレートや柑橘類、赤ワインにはチラミンという物質が含まれています。チラミンには血管収縮作用(収縮した後に拡張する)があるります。
  • ・乱れた生活習慣:夜更かしや寝過ぎなど、乱れた生活習慣も脳に影響を与えます。
  • ・過度のストレス:仕事や勉強など
  • 女性の月経前
  • ・低気圧の日
  • ・空腹

 

頭痛は、これらの原因によって脳の毛細血管が拡張することで、引き起こされています。

現在頭痛に悩まされている方で、これらの原因に思い当たる節がある方は、まずはできるだけ原因を作らないようにすることが大切です。

 

頭痛の種類

片頭痛

 頭の片側や両側がズキズキガンガン。吐き気を伴うような頭痛が一定の期間をおいて繰り返す。
 月に1~2回、多いときには週に2~3回発作的に強い頭痛が起こります。

脈打つような痛みで、体を動かすと痛みがひどくなり、悪心・嘔吐をともなったり、音や光に敏感になります。

20~40代の女性に極めて多く見られるのが特徴です。

 
群発頭痛

 激しい痛みが片側の目の奥に起こります。

「目の奥をえぐられるような」・「柱に頭をぶつけたくなるような」と形容されるような激しい痛みが、片側の目の奥に起こるのが特徴です。

涙が出て、目が充血し、鼻水がでるなどの症状を伴います。
 多くの場合、年に1~2回、期間は1~2ヶ月、毎日のように激しい頭痛が繰り返し起こります。

 
緊張型頭痛
 肩や首すじのこりとともに、頭が締め付けられるような痛み。
 毎日のようにおこる頭痛ですが、それほど強い痛みではなく、仕事や日常生活ができなくなるようなことはまずありません。
 精神的、肉体的、どちらのストレスも引き金となり多くの場合「頭に輪をはめてしめつけられるような」と表現される頭痛を起こします。

頭痛を治すための方法

実際に頭痛が起きた場合には、「脳の活動が穏やかになるように工夫すること」が大切です。

脳の活動を穏やかにして、頭痛を治すためには、次の7つの方法が有効です。

 

  1. 頭痛の患部を冷やす:痛む部分を冷やすことで、脳の血流を穏やかにし、痛みを抑えることができます
  2. 暗くて静かな部屋に行く:頭痛の間は刺激に敏感になるため、大きな音や強い光の刺激を避けることが必要です。
  3. コーヒーを飲む:コーヒーに含まれるカフェインには、血管を収縮させる作用があり、拡張している血管を元の状態に戻すことができます
  4. 睡眠を改善する:質の高い睡眠は脳内の疲労物質を取り除き、正常な活動を維持してくれます。
  5. 生活習慣を改善する:規則正しい生活リズムで過ごすことで、自律神経を整えることができます。
  6. ストレスを溜めない、解消する:心身ともにストレスを溜め込まない工夫を用意しましょう
  7. チョコレートや赤ワインなどの摂取を控える:頭痛が頻繁に起こっている期間は、チラミンの摂取を控えることが大切です。

これらの対策を実行することで、頭痛を治していくことができるでしょう。

また、頭痛薬を利用する際には、可能な限り、頭痛外来に赴き、あなたの状態に合わせた頭痛改善の指示をもらうようにしましょう。

こちらのサイトはとてもわかりやすいので参考にしてみて下さい。

 

http://matome.naver.jp/odai/2136074578395816101