体幹トレーニング    完全予約制

まず、体幹とはなんでしょう?

『体幹』が大切と言われますが、いったいなんのことなのでしょう?

実は『体幹』についての明確な定義はありません。指導者によってさまざまな説明がなされているのです。
しかしある程度共通して認識されている事実があります。
このページでは『体幹』の構造や機能を、いくつかの説をあげながら詳しく解説していきたいと思います。

①骨盤、背骨、肋骨(胸郭)、肩甲骨

②腹腔を囲む部分

③胸郭と骨盤と背骨、その中の臓器とその周囲を取り巻く表層、深層の筋肉を含む空間全体

体幹トレーニングでいう『体幹』とは、おおむね人間の体の頭と手足をのぞいた胴体部分で、骨盤、背骨、肋骨(胸郭)、肩甲骨と、その周囲を取り巻く表層、深層の筋肉をさしていると考えて良いでしょう。

体幹筋(たいかんきん、羅名: musculi trunci)は広義の骨格筋のうち、体幹に属する筋肉を総称したものである。体幹筋は前体幹筋(主な一例腹直筋、腹横筋、腹斜筋、大胸筋)と後体幹筋(後背筋、脊柱起立筋、僧帽筋)に分けられる。体幹筋に対して、上肢、下肢に属する筋肉を体肢筋と呼ぶ。略して体幹とも呼ばれます。

 

体幹を鍛えるというと、胴体、具体的には腹筋、背筋を鍛えるということになります。
 広義の骨格筋のうち体幹に属する筋肉を総称して体幹筋と呼ぶそうで、後体幹筋と前体幹筋とに分かれるそうです。つまり背筋群と腹筋群ということです。
 上肢(腕)、下肢(脚)に属する筋肉は、その体幹筋に対し体肢筋と呼ばれます。

 体幹は胴体の曲げ伸ばしのほか、姿勢を保ち、体全体のバランスをとる役割を担っています。
 歩いたり走ったり、飛んだり跳ねたりする動的な状態でも体のバランスがとれるのは、体幹の筋肉が作用して姿勢を安定させているからなのです。

 

良くある疑問

体幹を鍛えるとウエストは絞まりますか!?
 腹筋も体幹の一つですので、体幹を鍛えれば、というより腹筋を鍛えればウエストは締まります。

体幹を鍛えるとどのような効果が期待できますか!?
 体幹というのは、体を支える為の最も重要な筋肉ですので、逆に体幹が弱すぎると、姿勢が悪くなったり、腰が曲がったり、物を持ったときにぎっくり腰になったり、といった生活に支障をきたします。怪我をしない為にも、体幹は強いほうが良いです。

 『体幹を鍛える=腹筋と背筋だけをやればいい』と考えて激しくトレーニングをすると、腰痛になる場合もあります。大切なのは柔軟性があって、バランスのいい体幹を作ること。そのために意識してほしいのが、骨盤の安定です。

料金

1セッション ¥7,560